時空捜査局 事件簿
Time-Space Investigation Office Case Files
 

   








 月神の研究
(In search of Moon God)59




   緋色の女救出作戦
その5


     ○そしてだれもいなくなった

2003/06/18 石神の稲荷へ向かう。地図を見てもわかりにくい。それは出るのに苦労する道を抜けた向こうにあった。祭神名や由来などもなにもなく朱鳥居の額束にはなにも書かれていずその内側の石鳥居の額束の文字さえも読みとれない。手がかりになるものは一切なかった。

○神社本庁に電話すると 鳩ヶ谷本庁 氷川神社の宮司が石神の稲荷を管理しているという。 048−284−3838 ○ 伏見稲荷か茨城の笠間稲荷から勧請 当初は農業神だったが 日光街道に面するので 商業の神として崇められた。 祀りは 初午 夏祈祷7月17 十月 付近の稲荷二社と大字赤山と山王町のヒエ神社を合祀  昔域内にあった真言宗の寺が管理していたが今はない。 平成に入って総代だけで祀るくらいに縮小した。 「禮 菠 社」 】ハウ サウ (「菠薐ホウレン」は唐音。もとネパールの地名)アカザ科の一年生または二年生葉菜。雌雄異株。 イラン原産とされる。16世紀頃に渡来。世界各地で広く栽培する。品種が多く、東洋種と西洋種に分ける。 「法蓮草」「鳳蓮草」とも書く。  春 。好色一代男8「―のひたし物」

月神の研究その58へもどる


『時空捜査局事件簿』目次へ


ようこそMONOLOGUEへ


時空捜査局月読命をたずねて序     

  時空捜査局 事件簿
Time-Space Investigation Office Case Files


   








 月神の研究
(In search of Moon God)1



   月読命をたずねて
 序


      だれもが知っていて実はだれも知らない。
そんな謎の神がわが国に存在する。
それが月読命(つきよみのみこと)なのである。

 月読命は昔、一世を風靡した月光仮面のように正体が不明で
だれの目にも見えない謎の神である。
「ミスター・ムーンライト」と叫んでも応えてくれない。
世間に流布しているどの説を見ても核心に触れることはわからない。

 それは月読に関する記述が日本書紀、古事記を初めとする
古代の史書に わずかしか見あたらないからだ。
それはなぜなのか。故意に削除されたのか。
もし、そうであれば削除を受けねばならぬ理由があったのだろうか。

 さまざまな説を読み直しているうちに感ずることは
スサノオとツキヨミが混同されたり、
穀物の神、宇迦之御魂神と関係があることだ。

 書紀の一書(あるふみ)にはツキヨミはスサノオと書かれている。
それなら一瞬、簡単なような気がするが、
スサノオとしてはあれだけの活躍をして いるのに
なぜツキヨミとしては登場しないのだろう。
様々な疑問が浮かぶ。これからその答えを見つけだそう。

 時空の闇に葬られたツキヨミに貼られた封印を一本ずつ
丁寧にはがして その見えざる正体を明らかにしよう。

 すべての封印が解けた時、われわれの国、日本と世界の
真実(まこと)の新世紀が明けるだろう。

   (つづく)





月神の研究その2へ進む



『時空捜査局事件簿』目次へ


ようこそMONOLOGUEへ