風の中の北京家鴨(ダック)



 


あの日、おいらは黄河のそばの沼のほとりのあひるだった。 支那大陸の奥地で生まれたばかりの豊かな風が 柳の葉を靡(なび)かせる春の昼下がり、 かあさん家鴨のあとをヨチヨチ、クワッククワックついて歩いた。 家族仲良くみんなで水の上、スイスイ、クワッククワック並んで泳いでた。
 そんなのどかな記憶も突然とぎれてしまった。 ある日、羽のない大きな獣が現れておいらたちを捕まえてしまったんだ。 それが人間を見た最初だったよ。 オンボロ馬車にゆられゆられて着いたところは花の都、北京の市場。 どじょう髭の肥ったおじさんがズラリ並んだ土の壷に おいらたちを一羽ずつ差し込んで言った。 「わたし、ワンさん、オマエラ運良かった。これから楽できるよ。 毎日、食べて寝て大きくなるだけ」  おいらはやっと顔だけ出してあたりを見回した。 みんなも背伸びしながら覗いてた。 道行く人が慌ただしく行き過ぎて土煙で目が見えなくなったよ。 おなかが空いてガアガアと喚(わめ)きだしたとき、 くちばしになにかを詰め込まれ、目を白黒して呑み込んだ。 情けないけど、それがおいらたちの食事のしかただったんだ。 「オマエラ、もっと静かにしたほうがいいよ。暴れるとスジ張るからダメ」 ワンさんはこわい目をして餌を配ってた。 一番うるさかった仲間は二三日餌をもらえなかった。 それからあまり騒がなくなっちゃった。
 それでも、一度大笑いしたことがあるよ。 かわいい女の子がおかあさんを振り返って言ったんだ。 「ねえ、おかあさーん、ほらここにきれいなお花が並べてあるわ」 おいらたちがいっせいにその子に顔を向けたら キャッと叫んで逃げてった。 そういえば離れて見れば花みたいに見えるのかと みんなで笑いながら自分が植物なのか動物なのかわからなくなった。 あんまり笑いすぎたもので涙が出てきて 泣いてるのか笑ってるのかもわからなくなったよ。

 そんなある日、見たこともない白い鳥が市場の空を横切った。 おいらはとても羨ましくて、オーイと呼びかけた。 その鳥はニッコリ微笑んで降りてきた。 「わたしの名前は帝(テイ)、こんなところでなにしてるの。どうして飛ばな いの」 「おいらの名は労苦(ルーク)。だっておいら壷の中。足も萎えたし羽も萎え た。 たとえ壷から出られてもやっと歩けて泳ぐことしか能のないあひる。 飛ぶなんて、とてもとても」 初めて見るその美しい鳥に見とれながら答えたんだ。 でもなぜかなんだかなつかしい気がしたよ。どこかで会ったことがあるみたい な。
「あら、わたしには壷なんか見えないわ。 自分で自分を縛ってないで、その翼を羽ばたいてごらんなさいな。 きっとあの大空へ舞い上がれるわ」 白い鳥はそう言って翼を大きく広げて夕陽に向かって飛んでった。 そのとき、おいらの心に勇気みたいものが湧いてくるのを感じた。 それから真剣に空を飛ぼうと思った。あの鳥といっしょに飛びたいと。 毎日毎日、壷の中で動かない翼を懸命にうち振ってみた。 疲れはてて眠ると、あの鳥が夢の中で囁いた。
「あひる、飛びなさい、ルーク、飛びなさい。あの大空に帰るのよ。 あの大空はあなたのふるさとよ。いつもあなたを待ってるの。 遠い昔に忘れた翼の業(わざ)を思い出すのよ」 「でも、どうしてもだめなんだ。どうか自由にしてください。 おいらはただ泣き濡れているだけのあわれなあひるなんだ」 泣き言を言っても届くわけがなかった。 でもテイのことを思うだけで甘いような切ないような気持ちがして 安心して深い眠りに落ちていった。

「このごろ、おまえおかしいよ、壷の中でバタバタするのイケナイ。 かたくなって売れなくなる」 ワンさんはハラペコなおいらの前を素通りしてエサを配り終えた。 「好々(ハオハオ)、 おまえよく肥えてきた。えらいえらい。 この壷の中、カラダいっぱいになった。 ここの暮らしはもう卒業よ。おめでとう。明日いいとこ連れていく。 みんなも見習うといい」 おいらの一番仲の良かった仲間にワンさんはニコニコ笑いかけたんだ。
 そのころにはもうおいらたちもうすうす気づいていた。 ハオハオの行き先が飯店であることを。そこでなにが起こるかも。 不意に胸が詰まって涙があふれだした。 でももう泣いてなんていられなかった。 見回すとみんなもなんとかしてハオハオを助けたいと 思っていることが伝わってきた。
その時だった。涙の向こうに幻みたいにあの美しい翼がうるんで見えたのは。

ぐんぐん、あの白い鳥は近づいてきた。 おいらの心臓はドキドキ高鳴った。 「さあ、飛ぶのよ。労苦(ルーク)飛ぶのよ」
 おいらは羽を激しく震わせた。 それでも壷はまるで動かない。 やっぱり無駄かと力尽きたとき、 雲の影から黒い大きい鳥の姿が現れた。 それは大鷲だった。白い鳥を狙ってつけてきたんだ。 嘴(くちばし)と足の爪が凶器のように光ってた。 おいらはおもわず叫んだ。
「テイーッ、危ない。鷲だ」 テイはなぜか気づかない。 おいらはおどり上がって必死でもがいた。 バタンと壷が倒れて割れたとたん、空中に舞い上がってた。 大鷲は白い鳥に鋭い爪を開いてつかみかかろうとしている。 おいらは全力で体当たりした。
するとどうしたことか大鷲は空中に掻き消えてしまった。
おいらはまるで肩すかしを食った力士みたいに雲の中につっこんだ。

「うふふふ、とうとう飛べたわね。とうとうね。うふふふ」 テイは笑い声を残して大きく羽ばたいた。 翼をひるがえしひと振りするごとに青空に吸い込まれていった。
「そうだ、おいらは今飛んでるんだ」 風の中においらはいた。
生まれて初めて翼を飛ぶために使っている。 空の深さに、大地の広さにおどろいた。
「おーい、みんなもおいでよ」 われにかえって呼ぶと 次々に壷が倒れて仲間たちがころげでた。
ワンさんは右往左往して捕まえようとした。 でもその手をすり抜けて、みんなは飛び立った。 あの鳥の向かった方向にみんなで追いかけてゆこうとしたとき、 青空のどこかから声がした。
「わたしの役目は終わったの。これからはあなたがたの番よ」

 こうして、おいらは風の中を泳ぐあひるになった。 どこかで姿を見かけたら呼んでおくれよ。
見えない壷に囚われたあなたが忘れた力を甦らせて ともにこの大空を翔ぶ日のために。
 (おわり)



水面に書いた物語へ戻る

ようこそMONOLOGUEへ