シングルレコード『カリフォルニア・サンシャイン』





SFのプロジェクト終了後、
リヴェリアス(Riverias)の『カリフォルニア・サン(California Sun) 』 、
ママズ・アンド・パパスの『夢のカリフォルニア』
アルバート・ハモンドの『カリフォルニアの青い空』
イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』、などのカリフォルニアを歌った名曲の数々に 触発されて、
自分自身のカリフォルニアの太陽讃歌を作り、
シングルレコード発表…。
レコードのマスターリングを行った
ハリウッドの MASTERING LABは
ピンク・フロイドがよく使用したスタジオで
当時、デイヴィッド・ギルモアが個人アルバムの
マスターリングで 長期間リザーヴしていて なかなか予約が入らなかった。


カリフォルニア・サンシャイン発表後、
数少ない日系ラジオ局で
くり返し放送されて
フリーウェイ上で聞いたという人が多かった。
詞と曲想を得たのは81年9月29日の
サンフランシスコへの家族ドライヴ旅行中だった。


当時のポスター


譜面に書いた物語へ戻る

ようこそMONOLOGUEへ